40代 スキンケア

乾燥肌に効果あり!オールインワンゲル特集

40代からのスキンケア!乾いた肌の出遅れを取り戻す3つの習慣

LINEで送る

40代からのスキンケアのポイント

手間のかかるケアは逆効果
手間のかかるケアは逆効果年代によって乾燥肌のスキンケアのポイントは少しずつ異なりますが、40代からは以下のことに気をつける必要があります。
  • 保湿力・バリア機能を高めるケアを行う
  • 不要なケアで肌を傷めない
  • 即効性だけでなく、肌の再生も促す
シミやくすみ、小じわなど、様々な年齢サインが気になる年代ですが、効果のないケアをあれこれ行うと、かえって弱った肌の免疫を下げてしまうこともあります。

目に見える効果と同時に、肌から失われつつある力を高めながら、肌の再生を促していくケアも求められるのです。

40代のスキンケアは、必要なケアだけに集中する!

肌の力が衰えていく最大の要因は、肌に水分を留めておく保湿力と、肌を守るバリア機能の低下です。

保湿力が失われた肌に、化粧水やシートパックなどの水分を与えるケアを行うと、逆に肌の乾燥を招いてしまうことがあります。

またバリア機能が低下した肌に、強い成分の美容液を使ったり、スキンケアの度に肌を何度も触ったりすると、弱っている肌の組織をさらに傷めてしまうこともあります。

40代のスキンケアで重要なのは、手数をかけずに必要な成分を肌に届け、肌の保湿力・バリア機能を向上させることなのです。

未来の肌のために、今できることを

乾いた肌を乾燥から守り、改善していくためには、肌の状態やそれぞれの年代に応じたスキンケアが不可欠です。

自分の年代に合ったスキンケア化粧品を選ぶことから、まずは始めましょう。
40代からの乾いた肌へのスキンケアに必要なのは、あれこれ手間をかけたケアや、高価な美容成分ではありません。40代という年齢に見合ったスキンケアをしてあげるためのポイントは、3つあります。 第一に、衰えた保水力を高めるために効果のあるケアをしてあげること。そのために必要なのは、たっぷりの水分ではなく、保湿成分を肌に与えてあげることです。コラーゲンやセラミドなどがたっぷり配合されているものを選びましょう。 次に重要なのが、手間をかけすぎないこと。年齢とともに弱った肌は、肌を守るバリア機能も衰えています。クリームなどの基礎化粧品やクレンジング以外に、あれこれと手間暇かけたお手入れは、弱っている肌を傷つけ、シミやシワなどの原因になってしまうこともあります。 そして最後のポイントが、即効性はもちろん重要ですが、それと同時にじっくりと肌の再生を促しながら、肌から失われた様々な力を高めてあげることです。目に見える効果ばかり求めていると、肌そのものの老化へとつながりかねません。 シミやくすみ、リフトアップなど、多くのことをケアしようとするあまり、肌に負担をかけてしまうケアをしている方も多いようです。そこで今注目されているのが、オールインワンゲルです。 1本4役で楽ちん☆洗顔後これだけで、見た目年齢ギャップ!
LINEで送る