オールインワンゲル 美容液

乾燥肌に効果あり!オールインワンゲル特集

オールインワンゲルと美容液、乾燥肌に効果があるのはどっち?

LINEで送る

オールインワンゲルが、美容液と並び、乾燥肌や敏感肌のスキンケア用基礎化粧品としての人気が高まっています。化粧品のクチコミランキングや、コスメ情報サイトなどで、多くの方に支持を得ているのです。特に保湿成分をたっぷり配合している製品が多く、年齢による乾燥肌ケア・エイジングケアとしての効果も評判を呼んでいるのです。ただ中にはやはりオールインワンゲルによるシンプルなケアをしたくない、乾燥肌のケアとしては物足りない、という方も多いようです。では美容液とオールインワンゲルでは、どちらがより乾燥肌の改善に効果を発揮するのでしょうか。
そもそも年齢による乾燥肌の改善に必要なのは、保湿成分を補うことによって肌の保湿力を高めてあげることです。それによって空気中の水分を取り込んだり、それを肌に留めておいたりすることができるようになるのです。ただし保湿成分と一口に言っても、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など、多くの種類があります。そしてそれぞれ、性質や保湿する方法も異なります。特に保湿成分の中には水に溶けにくい、いわゆる油溶性の成分も多く、それらはほぼ水分と言える化粧水などには配合できません。そのため、美容液やオールインワンゲルなど、油分を多く含む製品に多く配合されているのです。
結論から言えば、美容液であろうが、オールインワンゲルであろうが、保湿成分を多く配合し、そしてその保湿成分を肌に浸透させる技術を実現している化粧品が、乾燥肌の改善に効果を発揮します。ただし肌を守る機能が衰えている場合、スキンケアで肌に触れる回数を減らし、肌へのダメージを最小限にするという観点から言えば、オールインワンゲルの方が適していると言えるのです。 年齢不詳美人が急増!彼女たちが愛用する楽ちんスキンケア
LINEで送る