カサカサ肌 スキンケア

乾燥肌に効果あり!オールインワンゲル特集

カサカサ肌をスキンケアで改善するためのアンチエイジング

LINEで送る

カサカサ肌のスキンケア対策とは

水分を補うのではなく、エイジングケアで保湿力を高める
水分を補うのではなく、エイジングケアで保湿力を高める加齢とともに、肌の潤いを保つ保湿成分は減少し、乾燥しやすくなります。

また化粧水やシートパックなどで水分を与えても、保水力がないのですぐに蒸発してしまい、逆に肌の水分をさらに奪っていきます

乾いた肌には水分ではなく、水と結びついて肌内部の潤いを保つ成分、いわゆる保湿成分を補って保湿力を高めていく、エイジングケアが必要なのです。

カサカサ肌のスキンケアでは、肌への負担は禁物

乾燥が進むと肌の表面は硬くゴワゴワになり、肌を守るバリア機能が徐々に失われていきます。

そんな弱った肌に何度も触れたり、強く押したりするスキンケアを行うと、肌の組織をさらに傷めてしまう可能性があります。

乾燥肌の改善にスキンケアは必要ですが、過度なケアは逆に症状の悪化を招いてしまう危険があるので、注意が必要です。

シンプルなエイジングケアで、肌から変える

加齢による乾燥肌を改善するためには、肌に負担を与えないシンプルなケアで保湿成分をしっかり補給し、肌そのものの保湿力を高めていくエイジングケアが必要です。

カサカサ肌をスキンケアで改善していくために、まずはそのケアが可能な化粧品を選ぶことから始めましょう。
カサカサ肌をスキンケアで改善するためには、アンチエイジング用化粧品を使うのがおすすめです。ただしそれにも条件があります。 第一に、乾燥肌を改善するために必要な、保湿効果の高い美容成分が配合されていることです。年齢に伴って乾燥した肌は、必要な水分を肌に閉じ込めるための力、いわゆる保湿力がありません。化粧水や美容液、クリームにいたるまで、使用する基礎化粧品で重要なのは、保湿効果の高い美容成分を、角質層など、お肌の奥までしっかりと届けてあげられるかどうかです。 そして第二に、乾燥肌で弱った肌に、できるだけ刺激を与えずにケアをすることです。洗顔やクレンジングに含まれる、スクラブや界面活性剤などによる刺激はもちろん、手で肌に触れながらのスキンケアも、乾燥で組織が崩れている肌にはストレスを与えてしまう可能性があるのです。 そして最後に、効果を確認するためにそのケアを続けることです。もちろん、使用して痛みを感じたり、悪化した場合などは別ですが、乾燥などで衰えた肌のツヤやハリを取り戻すには、崩れた肌の周期を整えるためのある程度の時間が必要なのです。20代の肌の周期の平均は28日と言われますが、加齢とともに、どんどん遅くなると言われています。さらに乾燥などの肌トラブルが加わると、肌が再生するための期間はもっと遅くなってしまいます。 年齢不詳美人が急増!彼女たちが愛用する楽ちんスキンケア
LINEで送る