セラミド 乾燥肌

乾燥肌に効果あり!オールインワンゲル特集

セラミドで乾燥肌を改善するための3つの条件

LINEで送る

セラミドで乾燥肌を改善する

効果をあげるための3つの条件
効果をあげるための3つの条件セラミドは乾燥肌を改善するために重要な保湿成分ですが、効果をあげるためにはいくつか条件があります。
  • 油分を含む化粧品を使う
  • 1回のケアで確実に補給できるものを選ぶ
  • 本物のセラミドが配合されたものを選ぶ
セラミドは水に溶けにくいため、化粧水などのサラッとした液体には配合しにくいという性質を持っています。

そのため美容液やクリーム、オールインワンゲルなど、ある程度油分を含んだ製品に多く配合されています。

また弱った肌の組織を傷つけないように肌に触れる回数を極力減らし、1度のスキンケアで確実に補給・浸透させられる商品を選ぶことも大切です。

セラミドで乾燥肌改善!本物のセラミドの見分け方

そして最も重要なのが、本物のセラミドが配合された化粧品を使うということです。

セラミドは原料がやや高価なため、似たような性質や名前を持つ成分で代替している商品もあるからです。

「セラミド1」「セラミド3」などのように、「セラミド」の後に数字がついた成分が、ヒト型セラミドと呼ばれる本物のセラミドです。

セラミドによる保湿を重視したスキンケアを行いたい場合は、本物のセラミドが配合された商品を選ぶようにしましょう。

ヒト型セミラド配合の乾燥肌向けオールインワンゲル(保湿力順)

ヒト型セラミドが配合されていても、それを肌の奥まで浸透させる技術がなければ、保湿力を高めることはできません。
セラミドは乾燥肌の改善に重要な成分ですが、後悔しないためには保湿力も考慮した上で選ぶことをオススメします。
商品セラミドの種類保湿力備考(保湿力)詳細
【商品】メディプラスゲル【セラミドの種類】セラミド3
セラミド6Ⅱ
セラミド1
【保湿力】
【備考(保湿力)】セラミドやヒアルロン酸を始め、乾燥肌に効果的な保湿成分を豊富に配合。うるおうのは当然。
【商品】パーフェクトワン モイスチャージェル【セラミドの種類】セラミド6Ⅱ
セラミド2
セラミド3
セラミド1
【保湿力】
【備考(保湿力)】セラミド、ヒアルロン酸など、保湿成分はたっぷり配合されてます。しっとり感もいい感じ。
セラミドは、乾燥肌や敏感肌のスキンケアには不可欠の美容成分です。肌への刺激が少なく、また水分と結びつく力が強いため、多くの基礎化粧品に配合されています。ただしそれらは美容液やクリームなど、油分を含む製品が中心です。なぜならセラミドは水溶性ではなく油溶性のため、化粧水などのサラサラした液体には配合できないからです。
年齢によるお肌の乾燥には水分が必要ですが、水分を与えるケア方法は意味がありません。なぜなら肌の乾燥は、水分不足ではなく保水力不足によって起こるからです。保水力が不足しているところへ水分によるスキンケアを行っても、それを肌に保っておく力が足りないため、すぐにまた水分が不足してしまいます。少し前までは、「水分を与えて油分で蓋をする」というスキンケアが主流でしたが、多くのことが解明される中、細胞レベルで肌に潤いをもたらすには、乾燥肌には水分ではなく保湿成分を補うケアが必要であるということがわかってきました。水と結合する力が強いセラミドを補うスキンケアは特に有効です。
またエイジングケアには様々な要素がありますが、保湿はすべての年齢肌対策の基本です。例えば真皮にまで達したしわの改善は化粧品では難しいですが、目尻のちりめんじわなどなら保湿成分を補うことで改善することは可能です。年齢とともに乾きやすくなった肌をそのまま放っておくと、敏感肌へと進行してしまう場合もあります。セラミドによる保湿成分の補給から、正しいエイジングケアを始めていきましょう。 年齢不詳美人が急増!彼女たちが愛用する楽ちんスキンケア
LINEで送る